Google Chrome 68 いよいよ常時SSL化対応が必須な時代がやってきました

Google Chromeバージョン68が2018年7月24日に正式リリース!

SSL化されていないページは「保護されていない通信」が表示されるようになりました。

SSL化されているサイトは https:// ドメイン名  から始まるサイトです。

https://www.web-planners.net/blog/

Chromeバージョン68 は 上記の参考URLに掲載しているように、まだリリースしたばかりか手動で67からバージョンアップすることで、「保護されていない通信」「保護された通信」がわかるようになります。

今年ぐらいは、浸透するのに時間がかかると思いますが、今 SSLの申請数は大幅に増えています。

Google Chrome 68、すべての非HTTPSページに「保護されていない通信」の警告ラベルを表示

で掲載しているように 68は 常時SSL化の序曲にすぎません。

今後、69  70 とアップデートしていきますが、70  になると

「保護されていない通信」ラベルが赤色反転 表示になります。

昔は SSLは高価なサービスで導入するのは一部の企業でしたが、現在はSSLブランドも増えて、低価格なSSLを導入することができます。

独自なSSLを導入する場合は

https://ssl.jp

から申請をして、サーバへインストールする必要かあります。

一番簡単な方法は、利用しているサーバ事業者が提供しているSSLを利用 (無料・有料版)があれば、無料版でとりあえず https になります。

まずは、現在管理しているクライアント様から 常時SSL化 の対応をしましょう!!