Facebookページ 「グレーバッジは2019年10月30日に廃止されます」

Facebookページヘログインすると 「グレーバッジは2019年10月30日に廃止されます」の表示が出るようになりました。


上記はFacebookページすべてではなく、「グレーバッジ」を認められたFacebookページが対象になります。

グレーの認証バッジとは

グレーの認証バッジとは、Facebookページが企業・団体の公式ページであると認められた場合に付与されるバッジです。
https://fpsatellite.co.jp/facebookpage-grayauthentication/

今回のグレーの認証バッジの廃止について

Facebookから下記の内容で廃止の理由について、管理画面上に届いていました。

Facebookでは、ユーザーがアクションを実行するページについて理解しやすくなるように、そのページがビジネスや組織の公式ページであることを表すグレーの認証バッジを2015年に採用しました。

しかし、このバッジを表示することでかえってわかりにくくなっている可能性があると判断したため、このバッジは10月30日に削除されます。これによってティーズ コーポレーションにグレーバッジは表示されなくなりますが、検索結果へのページの表示に影響はありません。

利用者がページを見つけやすくする方法と、公式ページであることをわかりやすくする方法についての詳細は、ベストプラクティスをご覧ください。

ベストプラクティスとは

https://www.facebook.com/business/help/2354934928109168?id=939256796236247

ページを見つけやすくし、フォロワーのエンゲージメントを高めるためのベストプラクティス

利用者にページを見つけてもらい、フォローしてもらうことは重要です。以下のベストプラクティスに従うことで、新規および既存の顧客にビジネスを見つけてもらえる可能性が高まります。また、顧客のエンゲージメントを確保し、関心を引くようなコンテンツを提供して、ページをフォローしてもらう必要があります。ここでは、Facebookページのフォロワーを獲得するためのベストプラクティスを紹介し、検索向けに最適化する方法や、利用者が興味を持ちそうなコンテンツについて説明します。検索でページを見つけてもらいやすくするには、検索バー、イベントとスポットのブックマーク、投稿へのページのタグ付けを設定します。さらに、以下のヒントを実践すると、(チェックイン時などに)ページの所在地をタグ付けしようとした利用者に、ビジネスの名前が表示されます。

  • ビジネスに最も近いカテゴリを選択する。カテゴリを指定すると、サービスや製品を検索した利用者にビジネスを見つけてもらいやすくなります。[ページ設定]で、最大3つのカテゴリを選択できます。ビジネスによく当てはまるカテゴリであるほど、検索でヒットする確率が高くなり、ページを見つけてもらいやすくなります。ページのカテゴリを選択する方法について、詳しくはこちらをご覧ください。
  • 実店舗がある場合は住所を追加する。利用者は、たいてい近隣のビジネスを検索します。最新の正確な住所を追加しておくことで、ビジネスを見つけてもらいやすくなります。最新の正確な住所を地図上にピン留めしておきましょう。

    • 実店舗がない場合は、ページ情報を編集して住所を非表示にします。この操作はコンピューターまたはモバイルデバイスで実行できます。
    • 複数の実店鋪がある場合は、店舗ページを作成します。利用者が地図上で店舗を見つけたり、特定の場所にある店舗を検索したりできるようになります。店舗が複数ある場合について、詳しくはこちらをご覧ください。
    • 実店舗がショッピングモールや駅など別の建物の中にある場合は、[他のスポット内に位置しています]オプションを選択して、店舗の場所の詳しい説明を追加します。
  • ページにプロフィール写真とカバー写真を追加する。カバー写真やプロフィール写真があると、ページ訪問者の信頼を勝ち取りやすくなります。

    • プロフィール写真: 会社のロゴなど、ビジネスを表すシンプルな画像を選択します。正方形の画像を使用してください。
    • カバー写真または動画: 一目で認識でき、かつ利用者の興味を引くようなコンテンツを選択します。訪問者のページ滞在時間を長くし、エンゲージメントを高めるには、カバー写真の代わりにカバー動画を使用します。
  • ウェブサイトがある場合は、Facebookページに追加する。潜在顧客が簡単にビジネスの詳しい情報を簡単に得られるようになります。
  • 営業時間をアップデートする。顧客にとって、営業時間は重要な情報です(特に休暇シーズン中や特別なイベントの開催中)。営業時間をアップデートして、検索結果で店舗が営業中と表示されるようにしましょう。営業時間をアップデートしていないと、営業中であっても閉店と表示され、利用者が訪問を諦めてしまうことがあります。ページに営業時間を追加する方法については、こちらをご覧ください。
  • おすすめをオンにする。顧客がページの評価、レビュー、おすすめを送信できるようにします。こうした情報はページ訪問者にとって貴重であり、ビジネスへの信頼感を高める効果をもたらします。また、利用者がメニュー項目など特定の単語で検索したときに、検索結果にページが表示されやすくなります。おすすめをオンにする方法については、こちらをご覧ください。
  • ページをフォローするよう働きかける。ページをフォローすると、最新の情報を入手したり、新しい製品やサービスを確認したり、すぐに問い合わせをしたり、お得なクーポンを獲得したりできるといったメリットがあることを、新規および既存の顧客にアピールしましょう。ページをフォローしている利用者や、ページに「いいね!」した利用者のニュースフィードには、ビジネスが投稿したコンテンツが表示されやすくなるため、ビジネスへの関心を常に持ってもらえるようになります。ページの投稿のアイデアについては、こちらをご覧ください。