ECサイト制作

ECサイトでこのような お悩みありませんか?

売れるECサイトはおしゃれなデザインだけじゃない

ネットショップをひらけば必ず商品が売れるわけではありません。ヒット商品を生み出すネットショップには、仕掛けや戦略が隠されています。レッドオーシャン化しつつあるEC業界において”売れるECサイト”をつくるためは、絶えず変化するWebのトレンドを理解し、ECサイト分析やマーケティングなどの深い知識が必要です。

デザイン
ユーザーの不信感を取り除き、ショップの世界観が伝わる一貫性のあるデザイン。

使いやすさ
シンプルでユーザーへの配慮が行き届いた画面構成。商品検索やカートの利便性。

情報発信
集客のための情報発信。
ターゲットユーザーにとって有意義な内容の情報を発信。

失敗するECサイトにありがちなこと

リピーター対策が不十分or全くしていない

新規の顧客を集客できてもリピート顧客として定着してもらえないことには、売上や利益を上げることがむずかしくなってしまいます。何度も訪れたくなるECサイトにするためにはどうすればいいのかを考え、対策をしっかりたてることが大切です。

ECサイトの機能や見せ方に対して妥協している

ASPを使っているためECサイト標準機能にないサービスや自社商品の見せ方を構築できなかったり、また独自開発も高コストのため行えず、仕方なく諦めてしまっている。妥協の多いECサイトでは売上が見込めないばかりか運営費用がかさんでしまい何のための立ち上げか分からなくなってしまいます。※ASPとは? 企業が提供しているクラウド上で操作するサービス

コンセプトやターゲットを明確にしていない

いまやネットショップは簡単にはじめられます。しかし”誰に・何を・どのように”売る のかを決めないまま運営すると、デザインやメッセージに一貫性を持たせられない、世界観や商品の良さが伝わらなど、ターゲットユーザーに刺さる訴求ができなくなります。

ECサイトの運営がうまく回らない

ECサイトの運営には顧客管理、商品管理、配送管理など業務がいくつもあります。もしも初めてのECサイトの場合は売れた商品を発送するのも一苦労。お届けにかかる時間もお客様の満足度に関係します。売れるECサイトはサイトが良いだけではなくスムーズなサイト運営も必要なのです。

最適な方法が分からず集客できていない

実店舗と違い、ネットショップは見つけてもらうための施策を実施しなければなりません。アクセス数と売上は比例しやすく、成功しているECサイトは集客を工夫しています。かしこく集客をおこない売上を増やすためには、時間と専門的な知識が必要です。
Scroll to Top